正しい10分洗濯術

おウチで実践できる、「正しい10分洗濯術」を大公開!

あなたの「洗濯」は正しいですか?

日本人は、洗濯好きの国民と言われ、1回着ただけの服をそのたびに洗濯する人も多いようです。それなのに、洗濯が嫌いな人が多いのも事実。できるだけまとめて洗濯しようと、洗濯機にギュウギュウに詰め込んでいる人が多いのが実態です。これでは、シワや色移りの問題だけでなく、洗浄効果も落ちてしまい衣類がかわいそう。また、洗い時間が長ければいいと思っている人もいるようで、衣類を傷めたり、時には汚れが落ち出た洗濯水で、逆汚染するという結果に。

↓

そこで…

時短と節約にもなる「正しい洗濯術」を
ぜひ実践してみてください。

↓

正しい洗濯術を知れば、お洗濯がもっとLOVEになる!

  • どうして『10分』がいいの?
  • 正しい10分洗濯術
  • 10分洗濯でもっといいこと

どうして『10分』がいいの?

洗濯時間を、もう一度見直してみましょう!

実際によくある洗濯時間は、15~20分ぐらい洗いに時間をかけ、さらにすすぎや脱水を行い、トータルで40~45分ぐらい洗濯機で洗っているのではないでしょうか?実は、一般的な洗濯機の洗濯時間は、洗濯物がある程度汚れていることを想定してやや長めに設定されているのです。ずいぶん以前に設定されたこの洗濯時間、長めに設定することで「洗濯物が少しでもキレイになるように」と考えられているのだと思います。その当時から今日まで、日本人はこのパターンでずっと洗濯機を使ってきました。(最近では、「衣類を傷めないよう」ソフト洗いで更に洗濯時間を長めにすることもあるようです。)

しかし、日本人のライフスタイルも変化しました!

洗濯機の洗濯時間が設定された時代からくらべ、今や日本人も都会的な生活をする方が多くなってきました。洗濯物がドロドロになっている方も少ないですし、世界でもトップクラスの清潔な生活をしています。日本人の昨今のライフスタイルですと、もっと洗濯時間が短くても十分汚れを落とすことできるのです。

では、どれくらいの洗濯時間が必要なのでしょうか?

実は、5分程度洗えば、十分な洗浄力が得られます(下図参照)。ですから、衣類がドロドロになっていない方、都会的な生活をしている方、即ち、日本人の多くの方の洗濯物は、4分も洗えば十分汚れが落ちるのです!洗浄時間だけでなく、すすぎについては、どうでしょうか?実は、洗剤は1分程度のすすぎ1回でかなりすすぐことができます。現在は各洗剤メーカーから、すすぎ回数が少なくてもきれいに落とせる洗剤も登場しています。環境、節水などを考えると、すすぎの回数を減らしてみるのも賢い生活術かもしれませんね。

各種脂質とカーボンブラックの混合汚れにおける粒子汚れと脂質の洗浄効率の時間的変化
すすぎ後の綿へのLASの残留量

新しい洗濯術

実は、現代の日本人に、ピッタリの洗い方!
本当に洗いのことを考えると、こうなるのです!

トータル約10分

※上記時間配分はあくまでも短時間洗濯の目安であり、最適な時間配分は、洗濯物の量やお使いになる製品によって異なります。
※各製品の洗濯工程や時間配分は、一定の洗濯物の量を想定し、予めプログラム設定されています。詳しくは各製品の取扱説明書にてご確認ください。

正しい10分洗濯術

10分洗濯は、かしこい洗濯!

気になる部分的な汚れやシミは、その部分だけ前処理をしてしまえば、あとは従来の洗濯と全く変わりません。最近は、洗剤メーカーからもよい前処理用の洗剤が発売されています。全体の汚れが気になる場合は、前もってつけ置きをするのも一つの方法ですね。洗剤は、液体で1回すすぎタイプのものを使用するのがポイントです。汚れが多い場合や、しっかり汚れている場合のみ、従来の長い洗濯時間に切り替えてもいいですね!また、白い衣類を白く洗い上げるには、やはり色柄物と分けて洗うのがベストです。10分(短時間)洗濯なので、2回に分けても負担は20分だけですから、応用編として、是非色分けして洗濯したいところです。

「衣類の色に合わせて」

色の分け方① 白以外  
色の分け方②(より丁寧に) 濃色 中間色

「衣類の柔らかさに合わせて」

より衣類を大切にしたい場合は、やわらかいモノと硬いモノを分ける。一緒に洗う場合は、やわらかい方をネットに。

衣類の色と柔らかさを組みあわせて

上記の色に合わせた仕分け方と、衣類の柔らかさに合わせた仕分け方を組み合わせると、より丁寧なお洗濯になります。

1回すすぎを、2回すすぎにした方がよいケース 白モノの色をスッキリさせたい場合は、すすぎを1回多くする(計2回すすぎ)。
粉末タイプの酸素系漂白剤を使用した時も、すすぎを1回多くする(計2回すすぎ)。

10分洗濯でもっといいこと

10分洗濯は、とってもエコ!

洗濯機の使用時間が短い分、節電になります。また、すすぎも1回なので、節水となり、エコにつながります。洗いすぎないので、衣類を大切に扱うことができます。

10分洗濯で、ポジティブに洗濯と関わろう!

洗濯機に任せっぱなしの依存的な洗濯から、積極的かつ主体的に洗濯に関わることができるようになります。 洗濯も1回10分なので、今までと同じ時間で何回も洗濯機がまわせるため、洗濯物を細かく仕分けて、より衣類を大切に洗うこともできます。